釘打ちの儀という文化

葬儀に欠かせない釘打ちの儀とは

大切な家族や親族の葬儀の時に、釘打ちの儀というものが行われます。これは、故人への最後のお別れをして、棺の蓋をいよいよ閉めるという時に行われます。この釘打ちの儀と呼ばれる習慣は、故人の家族や親族が棺の蓋を釘で打つというものです。 この習慣には、色々な意味があります。そのひとつは、故人の安らかな冥福を祈る意味です。亡くなった人の魂が、この世にさまよわずにきちんと成仏ができるように、柩に釘を打ちこむことで祈ります。故人の魂を違う世界に送り出す儀式として、意味があるといえます。 その他にも、遺族の方の気持ちに区切りを付ける意味もあります。釘を打つことによって、引きずりがちな故人への未練を断ち切る意味があります。

釘打ちの儀が行われる手順

葬儀で行われる釘打ちの儀の手順を説明すると、まずは棺の中に故人の思い出の品や花などを入れながら順々に故人に別れを告げていきます。その後、釘打ちの儀が行われます。親族や家族が釘を打つときは、葬儀会社の方によって大体の場合、半分くらい釘が刺さっています。その状態の釘を、喪主・遺族・友人などという順番で頭の方から少しずつ釘を打っていきます。釘を打つ道具は、葬儀会社によって色々用意されています。たとえば、小石で打つ場合、金槌で打つ場合などがあります。また、打つふりをする場合もあります。 そして釘打ちが終わると、遺族や故人の友人などで棺を霊柩車へ運び入れます。この時には、遺体の足を進路方向にして運ぶようにします。