心の整理も一緒に

まずは親戚や、故人の友人を招きましょう。

遺品整理ですべき工夫することは、まず全て自分でやってしまわずに、親戚や、故人の友人を招いて部屋を見てもらい、ひきとってもらえるもの、形見分けで欲しいものは上げてしまいましょう。 案外、洋服などは欲しい、本なども欲しいという人もいるので、あげてしまいましょう。そうするとだいぶ物がなくなりすっきりしっます。 また遺品整理をするときの工夫は、その地区のごみの日をよく確認しましょう。遺品整理は非常に大量の廃棄物がでることもあり、せっかく整理しても捨てるのに数日かかっていては面倒ですので、一番面倒な不燃ごみの日をよく確認してから遺品整理をはじめると、片付くのも早いでしょう。 遺品整理は個人との決別の儀式でもありますので、ぜひ行いましょう。

現在のトレンドは、心理カウンセラー付の業者です。

遺品整理は、物を整理するだけでなく心の整理、故人とのお別れをする儀式でもあります。葬儀以上に心を揺さぶられる人も多く、なかなかはかどらないこともあります。 その理由は、やはり目の前に思い出の品や、故人の愛用品が出てくるとやはり、人としてそれは見過ごすことができないからです。 遺品整理は現在、業者に頼むのもかなり一般的になってきましたが、その際やはり、遺族の立ち合いが原則のことが多いです。そこで、現在のトレンドはその遺族に付き添いう、心理カウンセラー付の遺品整理業者があることです。不意の心の動揺を鎮めてもらったり、話をきいてもらいながら遺族が故人を偲びつつ遺品整理をしていくのが最新のトレンドになっています。