大切な遺品を整理する

大切な遺品を、どのように整理するのか

遺品とは、遺産のなかでも生前個人が愛用していた日用品や生活雑貨、家電など、比較的財産価値の低いものをさします。 故人が家族と同居していた場合や近くに住んでいて交流があった場合などは、その家族が遺品整理を行うことが多く、今まではたいてい家族や親類縁者が行ってきました。 しかし、少子高齢化社会、核家族化も進んでいることから、一人で亡くなる方も少なくありません。 例えば、賃貸住宅に一人暮らしをしていた方が亡くなり、ただちに部屋を明け渡さなければならない場合など、近親者が行うことが難しい場合もあります。 また、たとえ同居の家族であっても、葬儀や法事の直後は気持ちの整理がつかなかったり、時間的、体力的にも難しい場合も多いでしょう。

自分で行う事が難しい場合は遺品整理業者に依頼も

そんな場合に、最近では遺品整理を専門に行ってくれる業者があります。 一部屋だけ、一軒まるごとなど、さまざまなパターンに対応してくれるうえ、その処分方法も、買い取り、無料引き取り、廃棄、お炊き上げ供養など、適切に対応してくれる業者が多いようです。 遺品整理という事の性質上、なんでも処分すればいいというわけではありません。 お炊き上げなども選べる遺品整理専門の業者に依頼することで、故人の大切な物を処分してしまって良いのだろうか、など亡くなったへの思いもきちんと整理でき、安心してまかせることができるのではないでしょうか。 たいていの業者は、事前に無料見積もりをしてくれるサービスがありますので、まずは一人で抱え込まず、相談してみるとよいでしょう。