交渉方法

墓石の値段と気をつけるべきこと

だれしもいつか必要になってくるであろう墓石。できるだけ立派なものを用意したいものです。 しかし、墓石というのはどうしても高い買い物になってきます。ここではいったい墓石はどれぐらいの値段なのか紹介すると共に、その注意点も明記してきます。 まず、購入の際にかかる費用の内訳ですが、「墓石の種類と使用量、加工、施設費」といった墓石そのもの以外に、「永代使用量」「管理費」「墓碑、戒名彫刻」さらに「アフターケア」など、様々な部分にお金がかかります。 そのため、総額というのは70〜250万円程とピンキリになってきます。安くしたいのであれば、墓地は小さな区画を選んだり、石の素材やデザインを安いものにしたりということが必要になってくるでしょう。また、オーダーメイドでなく完成品を選ぶという方法もあります。 しかし、共通して言える注意点として言える事は、販売業者選びについてです。 業者の中には、見つけにくい方法で手抜き工事をしてくるところや、条件、要望を無視して利益優先の見積もりを勧めるところがある、という事例も挙げられるからです。 購入の際は、あまりにも安すぎる値段設定には、注意しましょう。

知っておいたほうが良い情報

では次に、知っておいたほうが良い情報をご紹介します。 まず、墓石は様々な石の種類で作られていますが、素材によって特徴がまったく違います。 その種類というものはたくさんあり、素人ではどれを選べばいいのか値段以外の部分で比較することが難しいことでしょう。 そのため、このことについては業者と相談しつつ決めていくことになります。きちんとした説明をしてくれ、こちらの要望を聞いてくれる業者というのは、墓石選びにおいてたいへん重要な点です。覚えておきましょう。 続いて、墓石のリフォームについて。墓石というものは、経年劣化してきた際、リフォームをすることができます。 傷や汚れ、戒名の追加彫りなど、多岐にわたることが可能です。気になったら業者と相談してリフォームができる、ということも知っておきましょう。 そして最後に引越しについて。改装する場合、すぐにはできません。いくつかの書類と様々な手続きが必要になります。 また、ただ単に墓石を移動させるというだけでも、撤去や移動費以外にもいくつかの点においてお金がかかってことは、覚えておきましょう。 最も大事なことは、多少値段が高くてもいい、という考えでしょう。